弁護士紹介

ご挨拶

近影

 



浅井 淳郎

西尾市の出身です。早稲田大学卒業、司法修習29期。
昭和52年に弁護士になりましたから、かれこれ40年になります。
色々な相談・事件にあたってきました。
そうした経験から言えることは、「早めの相談が早めの解決」ということ。
早めの相談で事件にならずに済んだこともありますし、
事件となってもこじらせずに終わらせることができました。
「こんなことを弁護士に相談するの?」と思われずに、どうぞ、お気軽に相談におこしください。

      

 



杉浦 龍至

高浜市の出身です。明治大学卒業、司法修習42期
平成2年から弁護士をしていますが、前は実家で鬼瓦を作っていました。
さて、事務所では、“こうした事件はこの弁護士に”と決めているわけではありません。
けれど、何故か私の担当する事件は離婚とか相続が多い。
そんな中で思ったのは「背負われている悩みを少しでも軽くすることが大切」ということ。
今後もそうしたことに気を付けて仕事をしていきたいと考えています。

 

 

 

 

浅井 悠一朗

名古屋市の出身です。中央大学・同法科大学院卒業、司法修習62期。
弁護士になって以来、依頼者・相談者の方と一緒に事件に取り組んできましたが、
事件が終結し、「一歩をふみだせる」という気持ちになってもらえたときは、私もうれしく思います。
どんな事件でも、誠実に取り組むという姿勢で事件の処理にあたっています

  

 

西田 瑛

山形県鶴岡市の出身です。学習院大学・中央大学法科大学院卒業、司法修習期62期。
お困りごとの解決法は、いろいろあります。
納得のいく選択ができるよう、しっかりと話を聞き、一緒に考えていく姿勢を大切にしています。
皆さんの気軽に相談できる相手になれたら、うれしいです。